日本人のもったいない精神で食品ロスの削減

私の通った小学校では、茶碗にご飯粒が残っていると注意を受け、米一粒たりとも残さずに食べなさいと教育されてきました。

そんなこともあり、食事は綺麗に食べ終える習慣が身に付いています。

食品ロスとは、食べ物のムダのことで、食べられるにもかかわらず廃棄されている食品のことを指します。

小売店での売れ残り、期限切れ、製造過程で発生する規格外品、飲食店や家庭での食べ残し、食材の余りなどが主な原因になります。

日本人には「もったいない精神」があり、世界もこの精神に注目しています。

しかし、日本では毎年500~800万トンの食品ロスが発生しているのが現状です。

POSシステムの登場により、顧客行動を予測して生産管理し、食品廃棄を極力抑えるようコントロールできるようになってきました。

家庭でもムダなく食材を使い切れるよう、少分量にパッケージされた食品の販売や量り売りが導入されています。

残飯は家畜の餌や田畑の肥料として再利用され、生産過程で発生した規格外品などは、訳あり商品として安価で販売されています。

また、賞味期限が間近に迫った商品を、福祉施設や貧困世帯へ無償提供するフードバンク活動が注目を集めています。

飢餓に苦しむ途上国への食料援助量は390万トン、それよりも多い食品が毎年廃棄されている現状を私たちは知るべきです。子供 視力回復 アイトレーニング