各種化石の意味について習得しました

化石について授業しました。動物の多くはエア・水と地殻とが当たる範囲、すなわち地層(堆積岩)がやれる場所に生息するのでほとんど、化石は地層または堆積岩の中から見つけ出されます。化石にはアンモナイト、黄鉄鉱化した上腕足みたい、サメの歯、こはく、恐竜の足跡、サンドコネクションなどがあります。現生の動物は各人特定の環境に適応してあり、生息するフィールドや要因が限られるものが多いです。たとえば、造礁性サンゴは温暖な浅い海に生息行う。過去の動物についてもたいてい同様であったと考えられます。現生の動物と近パイプで、化石を組み込む地層がどのような事態で堆積したのかを明瞭に取り出すことができるものを示相化石といいます。化石には、世界中の広い範囲の地層から、しかもとある特定の時代の地層に限って産出するものがあります。これらは、とある特徴的な特徴をもつ動物が、極短い期間でかつ広範囲に栄えた果実だ。知らないことを学べて良かったです。お腹の脂肪 落とす サプリメント